こんなのが家で作れる!趣味にオススメなオシャレ系ハンドメイド

趣味・楽しみ

キレイな物やオシャレな物を自分好みで作ってみたい…
だけどこういうのって、そういうのを教えてくれる教室に行かないと無理っぽそう。
教室を見つけるのも大変だし…

そんな「やってみたいと思うけど…」が家で実現できるオンラインレッスンを、ここにピックアップしました!

しかも必要な材料は自分で用意しなくていい、一式送ってもらえるレッスンのみ!

基礎的な所からマスターできるので、クラスの終わりには自分好みの物が作れるようになっているはず!

それでは行ってみましょう!

・オンラインレッスンってどうなの?と思ったら、こちらに色々書きましたので参考にして下さいね。

クラス① UV-LEDレジンで作るギャラクシーアクセサリー

巷で人気のレジンのアクセサリーや小物作り。

そもそも『レジン』とは何ぞや、なんですが、これはいわゆる樹脂の事です。
透明な液体の樹脂で、これに紫外線やLEDの光を当てて固めます。

レジンの液を型に流して、色を付けたりスパンコールとかキラキラする素材を混ぜたりして、色々な物を作っていくんですね。

このレジン、液を型に流して光を当てれば出来てしまうので簡単そうですが、

実は塗って固めて塗って固めてを繰り返したり、気泡が入ってしまったするのでなかなか上手くいかないんですって。

それをキレイなアイテムに仕上がるように教えてもらいながら作っていくのがこのクラスです。

UV-LEDレジンで作るギャラクシーアクセサリー

クラス② ボタニカルキャンドル、デザインキャンドル作り

キャンドル…ロウソクというと細長い物のイメージが強いですが…

世の中には色々なオシャレキャンドルが存在していて、しかも自分好みの物が作れるという。

良い香りのするアロマキャンドルの他、
本物の草花を入れたボタニカルキャンドル、
透明なロウを使ったジェルキャンドル

そのジェルキャンドルに香りと花を閉じ込めたボタニカルアロマキャンドル。

他にも色のグラデーションがキレイなこんなものまで

こんな感じでロウソクと言えど種類がたくさんあってオシャレなんですよ!

ちなみに、ボタニカルキャンドルにはドライフラワーが入っているので燃えて危ないんじゃない?という心配がありますが、これは正しい作り方をすれば燃える事はないんですって。

安全なキャンドルを作る為にはちゃんとした知識が必要なんですね。

ちなみにキャンドル作りは結構人気なので、クラスもいくつかあります。
ここでピックアップした2つもそれぞれ趣向が違うので、お好みの方をどうぞ。

⇒ 基礎から応用まで楽しく学ぶ! オリジナルデザインキャンドル作りクラス

⇒ ボタニカルキャンドルでかなえる「灯りがあるくつろぎの暮らし」

クラス③ 食べたくなる♪可愛いフェイクスイーツ

どう見ても本物のスイーツなんだけど…

お皿に乗せて置いてあればそのまま食べそうになってしまう、そんな本物そっくりのフェイクスイーツ。

これ、キーホルダーとかマグネットで持ってる人いますよね。

クリームの質感も本物そっくりでやわらかそうだし、
クッキーの表面のザラザラ感もサクサクしてておいしそう!

だけどこういう質感を出すのって難しそう…

色とかデコレーションとかを自分好みで、しかも本物そっくりに作れると、ちょっと人に見せびらかしたくなりますね!

⇒ 食べたくなる♪可愛いフェイクスイーツ

クラス④ かわいいガーリーなアイシングクッキー作り

これ、食べられるんですよ…
これはフェイクではありません!食べられるクッキーです!

私のアイシングクッキーのイメージは、クッキーにアイシングペンで点々とかの簡単な模様を描いたり、表面を一面ペタッと塗るだけだったんですけどね。

今やアイシングは
模様を描いたり
デコレーションしたり
本物の花のように絞ったり…

進化してますね!

でもコレ、実際にやってみると

  • 塗りがムラになる
  • 表面がボコボコ
  • 塗って置いておいたら色が分離してマダラになっている
  • すぐに乾いてバッキバキになる
  • アイシングにヒビが入る
  • それ以前にいつまで経っても固まらない

こんな感じで上手くいかないんですよ!

私も過去にやった事があるんですが、一度も固まった事なんて無いし!

これを基本的な所が当たり前に作れるように所から始めて、その先のテクニックを身に付けられれば、自分だけのオリジナルクッキーが作れますよね。

女の子(子供)に作ってあげると喜びそう…

⇒ sweet girlyなアイシングクッキー

他にも「おっ!」と思うのがありますが、取り合えず今回はこの辺で。
またピックアップしていこうと思ってます。

タイトルとURLをコピーしました