浴室の天井のカビを掃除する!きれいになる取り方と予防におすすめのアレについて

浴室 お風呂・バスルーム

お風呂の天井の黒カビ、気になりますよね。

高さがあって手が届かないので、掃除するのも難しそうです。
カビ取り用の漂白剤をスプレーしようにも垂れてきてしまうし…

でもきれいに掃除したい!
そこで今回は浴室の天井の黒カビの取り方と、カビを生えにくくする予防についてお伝えしていきます。

浴室の天井のカビの取り方

お風呂で天井を眺めていたら黒いポツポツを発見!

 

その正体は、黒カビ!

 

やはりお風呂は湿気が多いですから、天井にもカビが発生します。
なんでまたそんな手が届きにくい所に…

 

この天井の黒カビも放置すると広がっていきますから、掃除してきれいにしたいところです。

そこで、まずは一般的なお風呂の天井のカビの落とし方をご紹介します。

 

お風呂の天井のカビの落とし方

■用意するもの

 

・カビ取り用漂白剤

・フローリングワイパー(クイックルワイパーの本体)

・キッチンペーパー(柄つきスポンジの時は不要)

・雑巾2枚

 

■やり方

 

①窓を開けて換気扇を回します。

②フローリングワイパーにキッチンペーパーをセットします。

③キッチンペーパーにカビ取り用漂白剤を垂れない程度にたっぷり付けます。

④天井のカビに漂白剤をピタッと塗り付けます。こすらなくてOK。

⑤漂白剤を黒カビに付けたら10分放置して、カビに漂白剤が浸透するのを待ちます。

⑥雑巾1枚を水で濡らしてしぼり、フローリングワイパーにセットします。

⑦漂白剤を塗った所を雑巾で何回か水拭きして漂白剤を取ります。

⑧仕上げに乾いたぞうきんでから拭きして水分を拭き取ったら終了です。

 

お風呂の天井のカビ取りをする時の注意点

この作業でポイントが2つあります。

まず、カビ取り用の漂白剤を使いますからあの塩素臭がします。

気分が悪くなりますから、必ず換気しながら行って下さい。

また、漂白剤が頭や体に垂れて来ないように漂白剤を塗る時は注意して下さいね。

 

そして天井の黒カビに漂白剤をつける時は、カビを落とそうとしてゴシゴシこすらないで下さい。
これはこすると天井面の細かい溝にカビの胞子が入り込んでしまう事があるからです。

漂白剤を塗る時は天井にフローリングワイパーをペタッと張り付けるようにしたり、スッと天井に塗り付けるような感じでOKです。

 

ユニットバスの天井の黒カビ除去体験記

先程ご紹介したのが一般的な天井の高い浴室のカビ取り方法です。

でも、中にはユニットバスで天井が低く、ちょっとした踏み台があれば手が届いてしまう事もありますよね。

まさに私が住んでいる所がそうです。

 

そんな訳で実際に私が行ったカビ取りについてもご紹介します。

天井が低いので至近距離で黒カビを観察する事ができましたよ。

 

浴室天井のカビ

ホコリ?カビ?

見ると天井に根を張ったカビという感じではなく、黒いホコリがぶら下がっているようにも見えます。

離れて見るとホコリに見えますが実はカビです。

 

お風呂の天井のカビ拡大図

拡大。カビでしたー!虫にも見えますがカビの黒ずみです。

 

最初は水で濡らしたティッシュでこすってみましたが、ホコリっぽい物は取れても黒い色素が残ってしまいダメでした。

そこでティッシュに塩素系漂白剤(キッチン泡ハイター使用)を染み込ませて黒カビに塗り付け、10分後に水拭きしたところ、黒カビはきれいに取れました!

 

この水拭きの時、場所によってはちょっとゴシゴシこすらないと落ちない物もありましたが、きれいになったから良し!

 

やっている事はフローリングワイパーを使うやり方と変わりはありませんが、天井が低いとカビをピンポイントで狙う事ができます。
首が痛くなりますが、天井が低くて手が届くならこのやり方をおすすめします。

 

浴室の天井に漂白剤を使うのが怖い…

掃除する場所が天井ですから、漂白剤が垂れてきそうで嫌…

漂白剤が垂れるのが心配なら、ジェル状のカビ取り剤を使うという手があります。

ジェル状のカビ取り剤は、よくパッキン用として売られていますよ。

 

通常の泡で出てくるスプレータイプは液体ですから、もちろん垂れてきやすいです。
それに対してジェル状のカビ取り剤は何といってもジェル状ですから、垂れにくい質感になっています。

 

垂れてくるのが怖いという方はジェル状の物を試してみてはいかがでしょうか。

 

お風呂のカビ取りをもっと安全に出来ないか?

やっぱり天井だから漂白剤を使うのに抵抗があるという方もいますよね。

そんな場合は、消毒用エタノールやアルコールの使用をおすすめします。

 

実はエタノール成分が70~80%であれば、カビの胞子の退治に効果的なんです。

一般的に『消毒用エタノール』として販売されている物を使います。

 

無水エタノールというのもありますが、これはエタノール成分が高すぎて消毒の効果が落ちます。

そしてこれを薄めるのも難しいですから最初から『消毒用エタノール』を選んで下さいね。

 

消毒用エタノール使用時の注意点

塩素系漂白剤でなくエタノールを使う場合、いくつか注意しなくてはいけない事があります。
安全にも関わる事ですので、気に留めておいて下さいね。

カビは退治できても白くならない

確かに消毒用エタノールでカビ退治して掃除はできます。

 

しかし!

 

エタノールに漂白効果がないので、黒カビの色を取る事はできません。
カビの胞子が取れても黒い天井のシミは残ったままになります。

 

カビ取り用の塩素系漂白剤は、成分の次亜塩素酸ナトリウムによる強力な漂白効果がありますので、カビ退治とカビの色を落とす事が両立できるんですね。

エタノールでカビ退治をするなら、白くならない事は理解しておかないと、「全然カビが取れなかった!」とがっかりしてしまいますよ。

 

火気厳禁!

エタノールは揮発性があるので、すぐ空気中に蒸発してしまいます。
さらに燃える性質がある成分です。

 

空気中に漂うエタノールの成分はとても燃えやすくなっています。
なので近くで火を使わないように気を付けて下さい。

 

コンセントの抜き差しでも火花が出る事がありますので注意!

漂白剤よりも安全と油断しないで、エタノールを使う時もしっかり換気をして下さいね。


浴室の天井のカビを予防するなら

カビ取り用の漂白剤を天井に塗って、カビが落ちてスッキリ!
できる事ならこのきれいな状態をキープしたいですよね。

 

お風呂の天井のカビを予防をするなら、定期的な消毒が効果的です。

この予防の消毒に使うのが、先程登場した『消毒用エタノール』です。

消毒用エタノールはカビを退治する力がありますから、天井に塗っておくとカビ防止ができます。

 

やり方はカビ退治の時と同じように、消毒用エタノールを染み込ませたキッチンペーパーをフローリングワイパーにつけて天井をこするだけ。

 

予防の頻度は一か月に一回でもいいですが、私のおすすめは一週間に一回です。

なぜならカビの胞子がカビに成長するまでの期間は一週間から10日なんです。

 

カビになる前に除去したいので、私は一週間に一度のエタノールによる消毒をおすすめします。

 

浴室のカビを防ぐシールや煙もあるよ

最近ドラッグストアに行ってちょっと驚いたんですが…

お風呂のカビ防止のシールなんてのがありました。
そして害虫退治に使うような、カビ予防の煙が出るやつも…

 

これらはお風呂の天井だけでなく、全体のカビ予防に壁に貼るだけ、スモークするだけなので楽ちんそうですね。

消毒用エタノールでの予防が大変という場合はこういった商品を使うのもいいですね。

 

最後に

浴槽の天井の黒カビを落とすのは大変ですが、きれいな天井になると気持ちがいいです。

発生したカビを落とすのは割と重労働になりますので、定期的に予防してカビが生えていない天井をキープしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました