メガネのレンズの汚れを落とす!簡単洗浄が自宅でできるおすすめの方法!

メガネ 小物

メガネの曇りや汚れは拭くだけだとスッキリ落ちないですよね。
レンズに油膜みたいなのが残ってしまってイマイチきれいになりません。

でも、そんなメガネのレンズをクリアにするクリーニングが自宅でも超簡単にできるんですよ!

やっぱり曇りのないメガネだと気持ちがいいですからね。

今回はそんなメガネの家での洗い方と、洗浄後の拭き方のポイント、ついでにメガネ拭きのクロスの洗濯についてお伝えしていきますね!

 

スポンサーリンク

メガネを洗うなら食器用洗剤で!

結論から言います。

メガネの洗浄を家で行うなら、食器用洗剤での水洗いです!

 

ご紹介するのは私がいつもやっている我流の洗い方ですが、これが本当に簡単で効果的。

水で濡らしたメガネのレンズに食器用洗剤を1滴たらして、指で優しくこすってよく洗い流すだけです。

この時、皮脂や汗が付いている鼻パッドやツルとか腕とかアームとか呼ばれる耳にかける部分も洗っておきます。
そして水気を拭き取ればメガネの自宅クリーニング完了です!

 

なぜ眼鏡の洗浄に食器用洗剤を使う?

メガネの汚れって、ほとんどがモヤっとした白い跡ですよね。

これ、ほとんどが顔や指の皮脂です。
皮脂の油膜がメガネの汚れの原因です。

要するに皮脂による油汚れですから、食器の油汚れをスカッと落とす食器洗い洗剤を使うのが一番効果的なんです。

メガネの洗浄にハンドソープはダメだった…

実はメガネ洗いに食器用洗剤を使う前にやってみた事があります。
実は最初、メガネを液体ハンドソープで洗ってみたのです。

 

そうしたら…

 

ハンドソープで洗った後、レンズが白く濁ってしまったんです!

メガネのレンズの曇り

ガーーーン!

レンズ自体が変質したという訳ではないんですが、もう一面真っ白な曇りが!

汚れを落とす為に洗ったのに、余計曇りが悪化してしまったじゃないの!

 

これ、恐らく原因はハンドソープに含まれる保湿成分だと思われます。
多分ボディソープやシャンプーで洗うと、保湿成分がハンドソープより多いので更なる曇りが発生するでしょう…

この失敗があって、余計な物が入っておらず、しかもグラスを透明に洗い上げる食器洗い洗剤を思いつき、試してみたら上手くいったのでした。

 

眼鏡のレンズの洗った後の拭き方

洗った後のメガネのレンズの拭き方にもポイントがあります。

それは、水気をタオルで軽く拭き取ったら、必ずメガネ拭き用のクロスでレンズを拭く事です。

クロスでは磨くようにしっかり拭いて下さいね!

 

なぜタオルで拭いただけだとダメかというと、これも白く跡が残ってしまうからなんですね。

恐らくこれも、タオルを洗った時に使った柔軟剤の成分によるものかと思われます。
タオルに残ったその成分がレンズに付着してしまい、せっかく洗ったメガネが再び曇ってしまうのでしょう。

とにかくレンズは仕上げにメガネ拭き用のクロスできれいに拭いておかないと曇りが残りますので気を付けて下さいね。

スポンサーリンク

メガネのクロスの洗濯について

メガネを拭くのに欠かせないメガネ拭きのクロス。
これが汚れていると、いくらメガネを拭いてもきれいになりません。
定期的にメガネ拭きクロスも洗う事が必要ですね。

 

このメガネ拭きクロスの洗濯もいくつか方法を試してみて、一番メガネをきれいにするクロスになる洗い方を見つけました。

それは、メガネ拭きのクロスも食器用洗剤で洗う事です。

 

食器用洗剤で洗うと、柔軟成分といった余計な物が布に残りません。
なので普通に洗濯物と一緒に洗ったクロスより、食器用洗剤で洗った時のクロスの方がメガネの汚れをスッキリ取ってくれます。

そんな訳でメガネ拭きのクロスも食器用洗剤で洗うのが私のおすすめの洗い方です。

 

最後に

私も車の運転や仕事の時などは眼鏡をかけるメガネユーザーですので、メガネの汚れはいつも気になっています。

この方法を知ってからは毎日メガネを食器用洗剤で洗うようにしていますが、やっぱりレンズも鼻パッドもきれいになると気持ちもスッキリします。

自宅にいつもある洗剤でできますから、専用のメガネクリーナーをわざわざ買わなくてもいいですね!(メーカーさんスミマセン)

曇りのない視界の為、定期的なメガネの水洗いはオススメですよ!

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました