ますます美容に手を抜いてきた意識低い系の私が鏡に映った自分の顔に驚愕して化学的な理屈をこねて効果の出るスキンケアアイテムを探した話

スキンケア

私の部屋に姿見があるんですけどね。

ふとその姿見の前を通った時に映った自分を見てびっくりしたんですよ。

老いてる!って事に気付いて。

もうなんか必要以上に老け込んでいて。
まさかの想定以上。
二度見しましたね、自分を。

そういえばずっと鏡なんてマトモに見てなかったなぁ。

私の記憶にあるのは数年前の私の姿。
それからずっと鏡なんてチラッとしか見ていない。
鏡見るのなんて朝眉毛書き足す時と目に異物が入った時くらい。

しかも最近のコロナの影響でマスクをして顔を出さないだけでなく、在宅ワークで人と会う事も無くなった事もあって、どんどん美容とかスキンケアの手を抜いていった訳で…。

そういえば美容院もずっと行ってないや。

ついでに太ったと思いきや痩せた。
痩せたというよりやつれてるな。

改めて自分の顔を鏡でみると、なんですかね、

とにかく、どんよりしている。
目に生気が無いのもそうですが、肌がどんより曇ってる。
土気色っていうの?血色がない。

クマすごくない?え?クマじゃなくてたるみ?

頬もこけた気がするし、ほうれい線?すごくない?顔たるんだから?

で、何?ほっぺたが何かボコボコ…吹き出物…?いや、これ毛穴だよ!

そしてシミ?シミすごいんだけど。
シミもそうだけどなんかところどころ肌色にムラがない?

目の周りとかのシワはないけど…
ああ…でも眉間、眉頭の両サイトにタテにシワがくっきりと…

頑張って目を見開いて眉間を伸ばして撮影したけどこのザマさ…

そういえば私、よく職場で仕事中に言われるんですよ。

眉間のシワすごいよ!?

って。

ドラゴンボールのキャラクターの戦闘中の時の顔みたいに、特にベジータさんって人みたいに、仕事中に力強く眉間にシワを寄せる事を無意識に繰り返してしまうのですよ。

それが痕跡となって筋肉が緩んでも皮膚表面に跡が残ってシワになってるのね…

そして改めて思ったんですよ。

「ヤバいな」と。

もう、それはそれは現実を目の当たりにして冷静に思いました。

「そろそろ本気でヤバいな」と。

意識低い系、ついに目覚めて危機感を持つ

いつの間にか必要以上に老け込んでいた私は、さすがにこのままじゃイカンと思いました。

普段はプチプラアイテムしか使っていないんですが、これはちょっと何か…何かプラスするかどうにかしないとダメなのかもしれない。

ちなみに普段使っているのは菊正宗の日本酒化粧品の他、この画像の3つで、実際これしか持っていない。

この化粧水とかバシャバシャ使えてちゃんとしっとりするし、乾燥しやすい目の周りとか頬骨の上とかはクリーム塗れば平気だし、これが悪いって訳じゃないけど。

だけど明らかに何か足りないんだよね、きっと。
そして気持ちも足りてない。

時の流れに身を任せたままじゃ、絶対に半年後にはすごく後悔する。
今より衰えた知らない人が鏡に映る事になる。
これは決定事項だ。

だから何かを変えねばならん。

だけど世間の美意識高い人たちが使っている高い化粧水も美容液も、私としては本当に効果あるのか疑問でしかないのだ。

私は知ってるんですよ。
体の外に付ける物、肌につけた物が浸透するのは肌の表面の角質層までだという事を。

そして私を脅かしている肌のたるみとか眉間の縦ジワとか毛穴目立つ問題とか、その原因となるモノが表皮の下、真皮にある事を。

要するに、高い美容液を買って使っても問題の根本に届かないじゃん!という事を。

高い美容液を使っても表面の薄皮止まり、問題の原因がある場所、真皮に届かないなら意味ないじゃん。

それを使って効果が見えてくるのは何年も使い続けた後じゃん。
それまで一体いくら美容液にお金をかけるのさ!?

だから肌に塗る化粧品とかじゃ無意味だな、買う意味ないなと思ったんです。

となるとエステでナントカ導入とか?
もしくは美容外科で注射?
後はサプリメントで体の中から吸収?

そんな事を考えて色々ネットで検索していた時に見つけました。
美容成分を肌に刺して浸透させるヒアロディープパッチというシートを。

ヒアロディープパッチ…ヒアルロン酸の針を肌に刺す…

刺すんかい!肌に刺すんかい!
えっ…痛いじゃん?血が滲むじゃん?そんなの化粧品として売っていいんかい!?

と思って興味を引かれて商品ページを見ました。

確かに肌表面に塗るよりも刺して肌の中に直接浸透させれば効果はあるよね。
肌問題の原因が存在する真皮まで届くなら効果あるはず…

で、ちゃんと商品についてのページを読んでみると、シートが刺さるのは肌の表面の角質層まで。

角質層までなんかい!?
アタシが欲しい真皮には届かないんかい!

でも、真皮にトゲトゲが届いたら血まみれになって大変な事になるんですが。
毛細血管って一番浅い所で表皮の一番下の基底層って所、表皮の真上にありますから。

このシートは角質層の奥まで保湿、美容成分を浸透させる事が出来ても、その下の真皮、私の欲しい所にまで届かない。

なんだ…
それじゃあ私には必要ないじゃん。

チッ!

しかしこの会社は肌への浸透という事に計り知れない執念を持っていたようだ…

「チッ!」と思いながらこの商品を作っている会社の公式サイトを見ていたけど、そこで私は見つけてしまった。

「真皮まで」という文字を。

何?やるの?今度は本気で刺すつもり?

真皮にアプローチという事に敏感になっていた私はもちろんその商品をチェックしたのですが、それはあのシートのような刺客タイプではなかった。

ジェルです。
オールインワンジェル。

なるほどね、今度は刺すのではなく化学の力で浸透させようって訳か。

実は人間の肌って基本的に中から外に物質を発散する事は出来るけど、肌の外から中に物質を浸透させて入れるって事が出来ないんです。

これが簡単に出来てしまうとすぐに色々な物に感染して病気になったりしますからね。

だけど肌の各エリアを通り抜けられる物質の分子量っていうのがあって、それより小さい低分子なら浸透します。

その分子量はこの通り。

  • 表皮は分子量3000未満の物質
  • 真皮は分子量800未満の物質
  • 毛穴は分子量1000未満の物質

分子量というのはその分子が持っている原子量の合計です。
例えば水のH2OならHが2つ、Oが1つ
Hの原子量が1.01、Oの原子量が16.0
(1.01×2)+16.0≒18.2って事ですね。

で、そこを踏まえて例の真皮まで届くというジェルの詳細を見ていくと、薬用の有効成分の主役であるナイアシンアミドを真皮に届ける為、7割の成分を分子量3000未満の低分子原料で作っているという。

分子量3000未満の低分子!
なら表皮を通り抜けて真皮まで届くじゃん!

化学的に理屈が通っているなら信用できる!

美容外科でのナントカ導入とか注射とかしなくてもいいって事ね!?

ナイアシンアミドで何かいい事が起こるらしい…

このジェルの真皮まで届くという成分の一つでメインなのががナイアシンアミドという薬用の有効成分。

で、ナイアシンアミドって何さ?と思って調べてみたら、『ビタミンB群』の一種なんだとさ。
要するにビタミンBの仲間で、ニコチン酸アミドとも言われるんですって。

で、何がナイアシンアミドのスゴイ所なのかと言うと、肌のあらゆる階層でそれぞれ別の働きをするのがスゴイ!

まず、表皮のセラミドの合成を促して水分キープ力高め、肌のうるおいとバリア機能を高める作用がある。
そして表皮の下の層ではシミの原因になるメラニンの生成も抑える働きもする。
さらには真皮ではコラーゲンを生成を促すのでシワ予防にもなるんですって。

ざっくり言って、乾燥、シミ、シワというお肌の三大トラブルの予防が期待できるマルチプレイヤーって事。

ちなみに。

調べたらナイアシンアミドはビタミンAの一種レチノールと同じ、体に必要な成分なので安全性も高い成分でした。

レチノールも表皮と真皮の両方に働きかけるマルチなプレイヤーの成分だったりするんですけど、いかんせん肌への刺激が強い。

刺激が強いから毎日使えなかったり、敏感肌の人は肌が赤くなったり皮がむけてしまう事もあるんです。
紫外線で分解されちゃったりもするし。

だけどナイアシンアミドはレチノールと違って刺激が強くないから毎日使えるし、敏感肌の人も使える。
紫外線も気にしなくていいんですって。

ナイアシンアミドってなんかスゴイ万能なのに使い勝手がいい成分なんですね。

そんな訳でこのジェル買ってみた

私の求めていた真皮まで美容成分が届くジェル。

シンピスト というジェルで、ヤダこれちょっといいかも…と思ったんですけど、もちろん値段が高ければ買えない。

だけど私買っちゃった。
だって金額見たら他の化粧水とか美容液に比べて高くないし買える価格だから。

取り合えず、まずは使って試してみたい。

そして継続してどうなるのか、その後の自分を見てみたい。

ちなみに、このシンピストは公式サイトの他、楽天やアマゾンでも買えるんですが、私は公式サイトで買いました。

なぜかというと、公式サイトだけ割引価格で買えるから!

楽天とかアマゾンは定価でしか買えないんですけど、公式サイトで買うと初回は定価の55パーセント引き、要するに半額以下で買えるからなんですよ!

そして2個目以降もずっと10パーセントOFFだし、絶対こっちの方が安いですからね。

例のジェル、シンピストが到着

例のシンピストを日曜日に注文して、商品発送の連絡が来たのが水曜日。
そして金曜日にゆうパックで届きました。

このシンピストなんだけど、ちょっとびっくりしたんだけど思っていた以上にモノが大きい!
片手の手のひらにすっぽり収まる位の大きさかと予想してたんだけど、これは両手の平サイズだね。

高さはアトリックスのチューブのハンドクリームと同じ位だった。
並べるとこんな感じ。

実際にフタを開けてみると、中身が入ってるのはこの容器の半分なのだが…
フタが大きいんだよ、フタ部分が。

このフタ部分が大きいのは、ここに付属のジェルをすくうためのスパチュラが内蔵されているからだったりするのだけど。

早速使ってみます

フタを開けると、内蓋が付いていました。

この内蓋にはアイスのフタの裏側の様にジェルがくっついているのでそこから取りたくなるのですが…

どうせまた付くのでそのままにして、本体からジェルをすくって使いました。

ジェルの量はスパチュラに「ここまでよ」という印の線が付いているので、その線まで本体のジェルに突っ込んで、そのまま引き上げてスパチュラに付いてきた分を使います。

このジェルなんですが、気温が高い時は結構テクスチャーがユルイ。
この日は8月の猛暑日だった事もあり、スパチュラを引き上げるとたり~と垂れるので、タイミングを見て手のひらにジェルを移しました。

涼しいとだいぶ固まってきてタリ~が収まったので、タイミングを計る必要もなくなりましたけどね。

手のひらにスパチュラに付いてきたジェルを全部乗せて気付いたんですが、結構1回分の量が多め!?

今回、特にすくう訳でもなくスパチュラに自然にくっついて来た分なのですが、それでも結構多い気がしました。

生命線は長い!

これを人肌に温めてから顔に付けると良いという事なので、両手のひらを合わせて合掌し、世界平和を祈る事約10秒。

手のひら全体に広げたジェルを顔に付けたのですが、やっぱり一度に付けるにはたっぷりの量と感じましたね。

たっぷりですので、そのままハンドプレスをしながら浸透させました。

大体5分位でビシャビシャの状態からモチモチに変わりました。

そしてオールインワンジェルなのでスキンケアはこれで終了です。

で、結局どうだったのって?

このシンピスト、最初の第一回目は夜に使ったんですけど、思った以上に肌がしっとりモチモチになりましたね!

オールインワンのジェルだからもっとすぐに乾燥してしまうと思ってたんですけど、夜使って朝起きる時まで乾燥する事もなく、だからといって顔中がベタつく事もなくモチモチの状態で朝を迎える事が出来ました。

意外でしたね、絶対寝る前にクリームを塗るハメになると思ってたのに。

私は目の周りと頬骨周辺が乾燥しやすいので、ここは夏場でもクリームは塗ってるんですけどね。

ただ、夜と違って朝、というか日中は乾燥してきました。
やっぱり目の下から頬骨あたりが。

昼は気温も上がるし乾燥してしまうからなんでしょうけど、これは乾燥する部分にシンピスト重ね付けするか、もしくはクリームを塗って乾燥を防げば問題なかったです。

その部分以外は日中でも相変わらずモチモチ肌をキープ出来ています。

で、実際に真皮まで届いているかどうかなんて感覚としてはわからないのですが、私としてはモチモチするので肌に馴染んでいるんだろうなーと思っています。

肌に付けた感じは特に刺激も無く、真皮までというのはわからないのですけど、ただ一つ、いつもの化粧水と違うと思った事。

それは唇!

唇に付いたジェルがなんか…本当にちょっとなんですがピリピリというかシワシワというか、そういう刺激を感じました。

だからと言って腫れるとか赤くなるという事もないんですけど。

唇は皮膚が薄いし、やっぱりジェルが真皮まで浸透してるんですかね。

これもジェルが唇についてしばらくの間の現象で、すぐに収まるので特には問題なかったですね。

モチモチ肌になるので、その他はこれからを期待

私の場合は今までが手を抜きすぎていたというのもありますが…

シンピストを使うと今までの肌と違ってモチモチになるので、それはちょっと感動しましたね。
「モチモチ肌ってこういうんだ!」って今さら気付いた感じ。
だから自分のほっぺたを触りたくなります。

しかもこれ一つでスキンケアが完了するので、もっと楽できるって訳だ。

使い始めて日が浅いので問題の眉間のシワとかにはまだ変化が見られないけど、モチモチ肌キープの為にプチプラアイテムからこっちに切り替えて、これを継続して使って行く事にしました。

肌は三ヵ月で生まれ変わると言うけど、三ヵ月真皮まで美容成分を浸透させたら何か変化があるのか?

乞うご期待ですね!

シンピストはこちらで詳しく見れます。
【医薬部外品】真皮ケアオールインワンジェル『シンピスト』

コメント

タイトルとURLをコピーしました